すぐに試せるスズメバチの対策〜専用グッズを活用しよう〜

退治後に来る「戻り蜂」とは

自宅からハチを追い出した後、生き残りが蜂の巣のあった場所に戻ってくる場合があります。これを「戻り蜂」というのですが、退治後約1週間から10日程で戻ってきます。この戻り蜂を再び業者や自治体に退治してもらう必要はありません。実は、蜂の巣がなくなると生きることが出来なくなるため、対処をしなくても自然と死滅していくのです。 しかし、戻り蜂でもむやみに近づいて刺激をすると刺されてしまうので、退治後は少なくとも1週間は蜂の巣があった場所に近づかないようにしましょう。

自分でできる!蜂の巣を作らせない対策

再び蜂の巣を作らせないためにも、退治後に自分でできる防止策を考える必要があります。

ハチが嫌う臭いを活用する対策グッズ

これらの場所に営巣する傾向があります。そのため、乾燥させないように常に水を撒いたり、物を置いて空間をなくしたりするなどの対策をすると良いでしょう。また、ずっと水で家を濡らしておくのが嫌な場合は、殺虫スプレーを塗布しておいても良いです。薬剤を使用する場合は、子どもにも害がない安全な商品であるかを確認するようにしましょう。

スズメバチの対策グッズには、子どものいる家庭でも使える安全性の高いものがあります。ここで、スズメバチに効果的なオススメグッズを見てみましょう。

to top